zither2.jpg(13489 byte)
/* ネットワークシステム監視プログラムZitherのページ */
Copyright (C) 2004-2008 Masashi Shimakura
Last Update: 04 01 2008

Zither, Sitar ってなに?


  • はじめに

  • zitherの紹介ページへようこそ!

    ここで紹介しているプログラムはネットワークサーバ監視用プログラムですので、普通の方は
    使わないと思います。対象にしているのは多数のネットワーク機器を管理されている方です。
    zither はチターと読みます。sitarはシタールと読みます。zitherはヨーロッパの、sitarは
    インドの弦楽器ですが、ネットワークを弦と見立てて名前を決めました。またWindows用クラ
    イアントとして琵琶(biwa)が開発段階にあります。これらzither、sitar、biwa、アポロン(W
    EBインターフェース)などの一連のプログラムをまとめて「zither監視」とか「zither監視シ
    ステム」などとまとめて呼んで行きたいと思います。

    興味のある方はこのまま読み進めてくださいね!
    歌えるプログラマー Masashi


  • Zither監視システムが追求している機能とは

  • Zitherによるサーバ監視システムはサーバとクライアントとインターフェースが完全に分離
    可能で、しかも管理は一ヶ所で行うことが可能であり、負荷を分散しつつ非常に高速な動作
    を目的に開発が進んでいます。しかもこのzither監視システムはフリーであり、BSDライセン
    スにて配布されています。もし世界の人達が自分の環境から他の地域のサーバを監視するこ
    とを許してもらえれば、みんなが結構便利になります。何故なら複数の場所からの多面的な
    確認が可能になるからです。zither監視システムは複数の有志の方に利用してもらい、複数
    の監視環境を複数の人で共有することが最終的な目標として開発を進めています。





    Zither, Sitar よくある質問


    Q : zither監視ってなになの?
    A : 簡単に何か説明すると「ネットワーク越しに計算機の健康を定期的に検診するもの」ってな感
      じでしょうか。具体的に何が出来るのかは以下をご覧ください。
    1. サーバと監視対象との疎通確認。
      単なるICMPによる監視ではないので監視対象の過負荷にも反応します。

    2. 監視対象システム内の状況確認。
      監視対象で任意ののコマンドを実行出来、内容をサーバに教えてくれます。但しWindows版
      (biwa)には実装されません無理、これはWindowsでは安全が確保出来ないからです。Windowsの
      場合はSNMPとポートチェックの併用になります。

    3. 上記クライアントからの他の監視対象へのOPENポート、疎通確認。
      TCP、UDP、ICMP、HTMLとSMTPのステータスコード確認など出来ます。1.0.10からリモートで
      SNMPを使った監視を利用出来るようになりました。

    4. クライアントの設定等を全てサーバ側で一括管理。
      多数のクライアントを管理するためサーバ側で全てのコンフィグレーションは元よりsitar
      クライアントの再起動や停止、そして監視クライアントのアップデートまで行えます。

    5. エラーが検出された場合は指定されたアドレスにメールを送付します。
      1.0.10より本文に日本語が使えるようになってます。

    6. ポートをオープンしているのはサーバだけなので安全面で管理しやすいです。
      クライアントが閉鎖環境にあってもNATがあれば監視可能です。もしNATすら無くても専用
      のプロキシを用意しています。

    7. もしもzitherサーバやsitarクライアントが何らかの理由で停止してしまっても自動的に 再
      起動する機能を持っています。

    8. postgreSQLでのデータの同期が出来ます。
      エラーの管理、コンフィグレーションふぁいる、動作設定などが管理出来ます。これらのデ
      ータを可視的に編集管理できる目的で[アポロン]というPHPで書かれたプログラムが開発途中
      です。アポロンはPHP書かれていますので自由に編集して使ってください。1.0.10以降から
      postgresqlとアポロンは必修になっています。zither単独でも動きますが、管理する上で
      機能を最大限利用するにはこれらが必要です。

    9. マルチスレッドで書かれてますので、メモリーの消費量が少ないのが特徴です。
      一台のzitherサーバで1000台のクライアント管理を目標にしていますが、まだ未確認っす。ま
      たバージョン1.1.1よりsitar監視クライアントの監視サイクルがマルチスレッド化しています。
      監視項目をブロックとして分けておくと、ブロックごとに分岐し並行して実行します。一台の
      監視クライアントに含まれるブロックをブロックごとに実行時間設定やメールの送信先の設定
      などの細かい調整が可能になりました。

    10. 1.1.14よりSNMPなどの値を常にデータベースに記録しながら、もしも閾値を越えた場合はメール
      にて通達するようなことが可能になっています。


    Q : どのような構成でしょうか?
    A : こんな構成です。





    Q : マニュアルとかってあるんでしょうか?
    A : 以下にありますが、今後必要があれば書いてきます。インストールと簡単な使い方は1、2を読んでください。

  • Zither, Sitar について
    1. zitherのインストール
    2. zitherサーバsitarクライアント監視の仕組とその設定方法
    3. Zither、Sitar各種設定ファイルの説明
    4. クライアントのコンフィグをサーバで管理する仕組み
    5. telnetによる疎通確認や設定方法
    6. エラーメールのフォーマット
    7. コマンド実行監視について
    8. ポート監視について
    9. SNMP監視について
    10. 監視の重要度設定について
  • Aporon について
    1. アポロンの基本操作
  • プログラミングの情報
    1. 通信プロトコルついての技術情報


    Q : こんなことはじめた理由とは?
    A : 実はこの地球上には沢山の計算機たちが動いてます。

    それらの多くがネットワークという通信手段をもちいてお互いの仕事を補い合ってます。だから
    皆さんが使っているパソコンもネットワークにつながっている以上、どこかの計算機のお世話に
    なっているはずです。「どこか?」っていってもそこは日本じゃないかもしれませんし、案外隣
    のビルの中にあるかもしれません。でもネットワークの中にあることは確かですね、実はこのネ
    ットワークの中にある沢山の計算機たちのお世話をしている人たちがいるんです。そりゃぁまあ
    、わけの解らない電気信号の中だけの世界なんでけっこう大変な仕事だったりします。つまり
    このたいへんなお仕事の一助になるもの作ろうと動き出したのが zither 製作のはじまりでした。



    Q : 開発環境は?
    A : 基本的にC言語で書いてます。

    作者はオートバイとか自動車大好きですがマニュアル(c系言語)がやっぱめんどくて楽しいっすね。
    あとWEBインターフェース(アポロン)についてはPHPで書かれてます。やはりここらへんは適材適所
    ってやつですね。



    Q : OSは何でも動くのかな?
    A : サーバ側はUNIXだけ考えてますが、監視クライアントはWindowsで動作するものを開発途中です。

    とりあえず以下の環境ではサーバ、クライアントとも動作するでしょう。(Windows用クライアン
    トを書いてくれる方募集中)

  • Linux系
    1. TurboLinux8,10
    2. FedraCore1,2,3,4,5,6,7,8(開発環境です)
    3. RedHat ES3,4
    4. Debian4.0
  • BSD系
    1. FreeBSD5,6,7(4系は注1参照)
    2. MAC OS-X
    3. netbsd3.1
  • その他本物UNIX系
    1. 未確認です。
    注1)FreeBSD4系ではSNMPを利用しない場合に限り、Linuxで作ったバイナリがLinuxエミュレー
       ターで動作します。Linux thread が使える状態なら動作可能です。例としてはLinuxエミ
       ュレータを入れていて、Linuxでコンパイルしたバイナリーなら正常に使えます。エミュ
       レータでなくてもLinux threadを単独で入れて、FreeBSD内でコンパイルしたものでも正
       常に動作します。SNMPを入れる場合はこの方法を使ってください。

    注2)最近64ビット版が身近になってきましたが、zither-1.1.2b64 より64Bitコンパイラでコン
       パイル可能になりました。但しEM64T以外のものは未確認です。



    Q : まだまだ発展するのでしょうか?
    A : 頑張って発展させます。

    目標はWindows版の完成です。Windows版はすでにテスト環境で動作していますが、サービスへの追
    加方法や配布方法に問題が残ってます。お手伝いして頂ける方いらっしゃいましたらお願いします。



    Q : 何処で手に入るのでしょうか?
    A : BSDライセンスです
    SourceForge.jp から落としてくださいね。



    Q : 開発者への質問や連絡はどうしますか?
    A : sourceforgeからお願いします。



    zither2.jpg(13489 byte)